130年の伝統と実績のある国内最大級の総合大学

志望者登録31778

合格者の声3774

航空宇宙工学科

学科紹介

体験を重視した実験・実習を豊富に用意し航空機や宇宙機の技術者として活躍できる素養を磨く

航空宇宙工学科では,超小型人工衛星,人力飛行機,無人航空機,フライトシミュレータ,ジェットエンジン,ロケットエンジン,材料開発など,最先端技術を必要とするシステム開発や研究分野で活躍できる技術者の養成を目指しています。「つくって飛ばす」をテーマに,航空機や宇宙機の技術者としての素養を磨く基礎的な授業から,グライダーやフライトシミュレータの操作,無重力状態の実験ができる「落下塔」を使った授業など,体験を通して「本物を知る」実習・実験を重視。また,小型人工衛星・人力飛行機・ロケットエンジンの試作・開発を行う「未来博士工房(航空宇宙工房)」では,飛行ロボットコンテストへの参加など,目標・目的達成型の教育も実践しています。こうした学びを通じて,論理的思考力や柔軟な発想,フロンティア精神などの総合的な能力を養います。

備考

A個別方式

N全学統一方式

C共通テスト利用方式

CA共通テスト併用方式

指定校制

総合型選抜

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に