130年の伝統と実績のある国内最大級の総合大学

志望者登録34247

合格者の声3758

航空宇宙工学科

学科紹介

体験を重視した実験・実習を豊富に用意し航空機や宇宙機の技術者として活躍できる素養を磨く

航空宇宙工学科では,力学系科目(工業力学・材料力学・熱力学・流体力学)をベースとして航空機や宇宙機の設計開発に必要とされる幅広い専門知識を学び,空や宇宙で活躍できるエンジニアを育成することを目指しています.カリキュラムは,運動や制御に関わる「動力学・制御工学系」,構造解析や材料開発に関わる「構造・材料工学系」,エンジンや燃焼に関わる「熱工学系」,空気力学や流体現象に関わる「流体工学系」と,航空機や宇宙機の設計開発に関連する学問・研究分野を大きく4つの系列に分類し,これらの系列に設置された科目により航空宇宙工学を総合的に学ぶことができます.また,小型人工衛星,人力飛行機,ロケットエンジンの試作・開発,飛行ロボットコンテストヘの参加などを行う「未来博士工房(航空宇宙工房)」を設置し,目標・目的達成型の実践的な教育も行っています.

備考

A個別方式

N全学統一方式

C共通テスト利用方式

CA共通テスト併用方式

指定校制

総合型選抜

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に