130年の伝統と実績のある国内最大級の総合大学

志望者登録25240

合格者の声1805

くらしの生物学科

学科紹介

くらしの中の情報を科学の目で正しく理解・判断する知識と技術を身に付け地域社会に貢献する

私たちのくらしには,食品,生物,環境などにかかわるさまざまな情報が存在します。くらしの生物学科では,「科学の目」でそうした情報を正しく理解・判断できる知識と能力を身に付け,現代社会の諸問題の解決に社会と連携して取り組める人材の養成を目指しています。くらしの生物学科では,食べ物と人の健康との関係,日常生活を支えるバイオテクノロジー,くらしの中の園芸や植物の利用,人と身近な動物との関わり,市民参加型のまちづくりなど,ミクロの世界から地域環境までの幅広い分野を学びます。また,地域社会やキャンパス内のフィールドを活用した実践的な実験・実習,ボランティア活動などの実践型教育を重視し,グループワークなどアクティブラーニングを通じた学生参加型で密度の高い教育環境を整えていることも特長です。さらに,1年次より教員がアドバイザーとして個別に指導し,学生生活をサポートしています。

備考

■定員 80名

■入試制度

指定校

公募

AO入試

センター試験利用入試

地方試験

期別募集

帰国生徒・留学生推薦

編入学制度

パンフレット・願書

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に