多様な学びに対応する国内最大級の総合大学

志望者登録38666

合格者の声5333

競技スポーツ学科

学科紹介

社会の広い分野で活躍できる「反省的実践家」をめざす

 競技スポーツ学科では、競技スポーツにおける実践力のある「反省的実践家」を養成します。反省的実践家とは、実践する事象に潜む課題を的確に発見・分析し、問題を解決する能力を身に付けて、自ら成長できる能力を備える人のことを指します。このような資質を持った人材はアスリートやコーチのみならず、社会のあらゆる分野で活躍できます。
 また、スポーツ科学部では学生のキャリア形成を見据えて、必要な学びを体系的に修得する2つのコースを設定しています。

 アスリートコース
 自らの競技力向上に関する実践的理論を深めることを目的とし、客観的に自己分析する手法を身に付け、アスリートに必要な専門的能力・資質を高めます。また、アスリートとして自身の学びをコーチの視点から再構成することにより、将来のスポーツ指導者としての能力を高めます。

 スポーツサポートコース
 アスリートの競技力を向上させ、競技者本来の力を十分に発揮するためのコーチング方法を学修します。競技スポーツに関わるサポート体制を学ぶことで、スポーツ活動を支援するための専門的能力・資質も育みます。さらに、スポーツビジネス、スポーツ制度・行政といったスポーツマネジメントに関する理解を深めます。

備考

A個別方式

N全学統一方式

総合型選抜

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に