想像を超えた未来を開こう。

志望者登録4135

合格者の声315

経済学科2部

学科紹介

目には見えない社会の構造を知り、問題解決の処方箋を示す能力を身につける

経済学科は、一般的な「経済学部」として持っているべき要素すべてが学科の中にあるオーソドックスな王道を行く教育体制です。経済学の3本柱と呼ばれる「理論」「歴史」「政策」に関する学びをバランスよく配置することで、経済問題の原因を理解、発見し、その解決策を思考する能力を身につけます。不可視な社会構造を知り、それぞれの状況下で論理的な道筋を示し、問題を発見する道具となる「理論」、その「理論」は実際の出来事に基づくため、どのように対応したかを見る「歴史」、その上で、具体的な対策を考える「政策」、この3つをうまく組み合わせていくことが必須です。学んだ知識を応用し、問題のありかとその解決がどう利益につながるか考えられる力が養成されます。
取得できる資格として、教育職員免許(中学校教諭一種、高等学校教諭一種)や司書、学芸員などがあります。国家公務員・地方公務員など公務に就職する学生が多いのも一つの特徴です。

備考

定員:120人 ※経済学部は学部入試

入試制度:一般選抜/共通テスト利用選抜/学校推薦型選抜/特別選抜

初年度納入金(2020年度実績):609,000円

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に