想像を超えた未来を開こう。

志望者登録4135

合格者の声315

日本文化学科2部

学科紹介

一言では語り尽くせない日本文化。多角的なアプローチによってその深層に迫る

日本文化学科は、日本文化を理解するために必要な古典や歴史資料に通じた日本語のエキスパートを育成し、さらにグローバル化時代に対応して、国際語である英語をはじめとする中国語・韓国朝鮮語・ロシア語などを身につけて、アジアをはじめとする世界の国と地域に日本文化を発信していく人材を育成します。
新カリキュラムでは、1年次の前期に「人文学基礎演習」で、大学で学ぶ基本的スキルを、後期に「日本語文章表現演習」で論文作成のためのアカデミック・ライティングをそれぞれ身につけ、この基礎学力を土台に、さらに2年次の「人文学演習」で自己の問題関心を学問的な課題設定に高め、3年次に学科別に開講される専門演習の選択につなげます。3年次の「日本文化専門演習」では、自らが専門と志す「言語文化」「思想文化」「歴史文化」「環境文化」の各ゼミに所属し、日本文化について深く学びます。ゼミとは、担当教師の指導の下、学生が少人数制で研究発表や討論を行うことをとおし、互いに切磋琢磨して学んでいく授業です。最終年次にあたる4年次には、このゼミにおける成果をふまえ、大学4年間の学修の集大成として、小説などの創作も含めた「卒業研究」をまとめます。
他にも奈良や京都におけるフィールドワークを通して日本文化の原点を探る「日本文化特別演習」や英米文化学科が併設されている強みを生かし、ヨーロッパやアメリカなど諸外国の文化について学ぶ専門科目の履修も可能で、文学部の「文化を学ぶ、世界とつながる」というテーマに沿って学びを深められます。

備考

定員:40人

入試制度:一般選抜/共通テスト利用選抜/学校推薦型選抜/特別選抜

初年度納入金(2020年度実績):621,000円

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に