理論と実践を繰り返すビジネス教育の拠点大学

志望者登録3622

合格者の声115

特色

十五人の関連専門家がいる、日本トップクラスのマーケティング研究機関

小樽商科大学は、国立大学では唯一の社会科学系の単科大学であり、小規模でありながらマーケティング関連専門分野の教授陣を多くそろえ、グローバルな視点でローカルを考える、実践的な教育プログラムを提供します。

小樽商科大学の理念である「実学・語学・品格」の「実学」の部分を強く体現している分野の一つが「マーケティング」です。「マーケティング」は、理論だけでなく、実践に結びつくことなしにには成り立ちません。

世界と地域をつなぐ、ビジネスパーソンへ   2021年4月新たに「グローカルコース」誕生

語学だけを学ぶ時代は終わりました。ビジネスにおける語学は、異なる世界の人たちの背景を知り、文化を理解し、信頼を築くツール。小樽商科大学では、ビジネスの現場で自らの主張を伝え、相互に理解し合うそんな生きた言語としての外国語教育に長年取り組んできています。

①グローカルコースは、地球規模の視野で学び、異文化理解に優れ、卓越した言語コミュニケーション能力を活用して、複雑化する地域社会の諸問題を解決するための資質を有する人材を育成することを目的としたコースです。
②本コースの設置に伴い、令和2年度から、本コースの学生を選抜するための新たな入試制度として、「グローカル総合入試(総合型選抜)」を実施
③全国的にも例のない取組として、グローカル総合入試合格者を対象として、本学入学を1年猶予し、入学前の海外留学を可能とする「ギャップイヤープログラム」を導入

世界のマーケットで戦うために、用意したのは七言語自己負担5万円からはじめる海外留学

本学では英語、ドイツ語、フランス語、中国語、スペイン語、ロシア語、韓国語の7言語を学ぶことができます。英語関連科目の充実度は、他大学の英文科にも引けを取りません。それは、あなたの未来のビジネスを世界に広げるためです。

小樽商科大学は、異例の『15か国21大学』と学生交換留学の協定を結んでおり、交換留学制度の場合、派遣先大学の検定料、入学料及び授業料が免除されます。

充実した奨学金制度
2018年度、海外留学に挑戦した学生は97人。そしてその『すべての海外留学者』に返済不要の奨学金を支給しました。

佐野力海外留学奨励金
本学OBの元オラクル会長、佐野力氏の寄附による留学支援制度です。より多くの学生に早い時期に海外経験をしてもらい、より長期の留学へのステップとするための給付型奨励金です。海外研修プログラム(事情科目)では「自己負担金5万円」を大学に納めるだけで、留学に参加できます。

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に