社会実装型の学び・研究を深める。これからの社会をかたちづくる技術者へ

志望者登録841

合格者の声127

ロボティクス学科

学科紹介

頭に思い描いたオリジナルロボットをつくる

<学ぶ内容>
■開発をリードするロボティクス技術者を育成
現在、さまざまな産業分野で各種ロボットが活躍しています。本学科では、これらの多機能かつ⾼性能なロボットの技術開発をリードできるロボティクス技術者を育成。社会や⽣活に役⽴つロボットや新しい知能機器システムを創造できる機械系技術者を目指します。

■機械、電気、情報などの知識・技術を学び、オリジナルロボットをつくる
数学・機械・電気の知識を応⽤したロボットの構成要素の設計に必要なロボット要素設計技術や、新システムや次世代ロボットの創造に必要なシステム統合化技術、ロボットをコントロールするために必要な計測・制御・プログラミングといった技術を幅広く⾝につけます。

<研究室>
■学⽣の斬新な発想で今までにないロボットを開発中
⽵井研究室では企業と共同でセンサを開発し、品質のばらつきを抑えた均質な美味しいいちごを栽培する実証実験を⾏っています。また⼟居研究室が開発中の獣害対策ロボットはロボット⾃⾝が枯れ葉を集めて燃料にするもので、斬新な発想で今までにないロボットが学⽣により⽣み出されています。

<施設・設備>
■⽣活⽀援ロボットの研究がさかん
ロボティクス学科の研究拠点は、やつかほリサーチキャンパスにあるFMT研究所と⽣体機構制御技術研究所です。ここでは、⾼齢者や障がい者などの⽣活を⽀援するロボットや⽔中ロボットなど、さまざまなロボットが研究開発されています。卒業研究では各学⽣が⾃分のアイデアを具体化したロボットを実際に製作し、発表します。

<制度>
■1年次からロボット製作に取り組める夢考房プロジェクト
ロボコン世界⼀となった「ロボット」や⼆⾜歩⾏ロボットでサッカー競技を⾏う「RoboCup」、⽣活⽀援ロボットの開発に取り組む「RoboCup@Home」、筋⾁を動かす際に発⽣する筋電位でロボット義⼿の制御を⾏う「義⼿研究開発」など13のプロジェクトがあり、1年次から参加できます。

<奨学金>
■国⽴⼤学標準額との差額を給付する特別奨学⽣制度を整備
授業等の正課と課外活動の両⾯で優れた成果を修め、リーダーとなる⼈材の育成を目指す制度です。特別奨学⽣にはリーダーシップアワード⽣の名称を与え、奨学⾦を給付。スカラーシップフェローは国⽴⼤学標準額との差額、スカラーシップメンバーには年額25万円を給付します。(2021年度実績)

備考

定員:100人

初年度納入金:1,715,000円

学士(工学)

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に