社会実装型の学び・研究を深める。これからの社会をかたちづくる技術者へ

志望者登録861

合格者の声126

経営情報学科

学科紹介

IoT、⼈⼯知能(AI)、ビッグデータ時代に活躍できる⼈材に成⻑する

<学ぶ内容>
■未来を創る能⼒を習得
「誰⼀⼈取り残さない世界」の実現に向けて国連全加盟国が達成を目指す、世界を変えるための17の目標と169のターゲットである「SDGs」。KITは第1回「ジャパンSDGsアワード」内閣官房⻑官賞を受賞した⽇本を代表するSDGs推進⼤学です。このSDGsとビッグデータを活⽤して未来を創る能⼒を習得します。

■国連のSDGsを専門にする研究室でSDGsカードゲームを開発
経営戦略論や⼈を動かす組織論といった⽂系の学びに加え、コンピュータリテラシーや情報技術⼒を養います。IoTを⽤いた情報収集能⼒や、⼊⼿したビッグデータをAIを活⽤して分析する能⼒の習得も目指します。国連のSDGsを専門にする研究室もあり、SDGsカードゲームを開発しています。

<施設・設備>
■理⼯系⼤学では珍しいオープンなセミナールーム
地域共創イノベーション研究所が経営情報学科の研究拠点です。研究室ごとに分かれていた部屋をオープンなセミナールームにした点が特⻑です。授業やグループディスカッションがこの共有空間で⾏われるため、研究室の枠を越えたプロジェクト研究や議論が可能となっています。

<制度>
■SDGsをテーマにワークショップ等を実施する学⽣団体「SDGs Global Youth Innovators」
SDGs Global Youth Innovatorsは、SDGs達成に取り組む学⽣団体で、SDGsを楽しく学ぶための「THE SDGs アクションカードゲーム X(クロス)」を開発しました。その他、5種類のゲーミフィケーション教材を開発するほか、企業や教育機関でSDGsについてのワークショップ等を実施しています。

■学⽣⼀⼈ひとりに応じた学習⽀援体制が充実
KITでは、学⽣⼀⼈ひとりの学ぶ意欲を後押しする体制もそろっています。数理⼯教育研究センター、基礎英語教育センター、学習⽀援デスク、ライティングセンターなどがあり、専門教育を学ぶ上での基礎などに関して、わからないことを安⼼して聞ける充実した学習⽀援を⾏っています。

<奨学金>
■国⽴⼤学標準額との差額を給付する特別奨学⽣制度を整備
授業等の正課と課外活動の両⾯で優れた成果を修め、リーダーとなる⼈材の育成を目指す制度です。特別奨学⽣にはリーダーシップアワード⽣の名称を与え、奨学⾦を給付。スカラーシップフェローは国⽴⼤学標準額との差額、スカラーシップメンバーには年額25万円を給付します。(2021年度実績)

備考

定員:60人

初年度納入金:1,715,000円

学士(情報学)

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に