全国から学生が集い、異文化交流で多様性が育まれる。ここでしか体験できない学びと環境がある「信大」

志望者登録16627

合格者の声549

経法学部

信州大学 経法学部の学部紹介

経済学・法学の基礎力、複雑な社会問題に対応できる応用・実践力を養う人材教育を行います

経法学部は、1978年に創設された経済学部における研究成果と教育経験を継承しながら、応用経済学科と総合法律学科の2学科からなる新しい学部として、2016年4月に誕生しました。経済学と法学の専門研究を深めることで、現代社会に対する社会科学的な認識をより一層高めるとともに、専門研究の深化を通じて得られた知見を次世代に伝え、複雑な社会問題に果敢に取り組む人材を育成します。あらゆる業界で活躍する有識者を外部講師に招き、業界の最前線に触れる機会もあります。応用経済学科は経済学を、総合法律学科は法学を、専門知識として基礎から応用まで体系的に学びます。応用経済学科・総合法律学科の専門教育のカリキュラムは、それぞれ経済学部・法学部と同じで、卒業時には「学士( 経済学)」・「学士(法学)」が授与されます。教室で学んだことを社会の現場で確認しながら、経験に基づいたリアリティのある知識と応用力を身につけます。

信州大学 経法学部の学科一覧

信州大学 経法学部の備考

備考

経法学部

応用経済学科

定員:100名

一般選抜(前期)、学校推薦型選抜Ⅰ、学校推薦型選抜Ⅱ、私費外国人留学生入試

総合法律学科

定員:80名

一般選抜(前期 )、学校推薦型選抜Ⅰ、学校推薦型選抜Ⅱ、私費外国人留学生入試

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に