地域に根ざし世界を目ざす「ふくしの総合大学」

志望者登録1400

合格者の声135

国際福祉開発学科

学科紹介

1年次から全員が世界へ飛び出し、異文化を肌で感じ、視野を広げる。

1年次に約2週間、国際フィールドワーク(現地学習)に全員が参加し、早期から異文化理解に取り組みます。
クオーター制カリキュラムは、最長で連続6カ月の留学やインターンシップを可能とし、多文化共生社会を創る力を培います。
また自ら発信するための英語力や日本語力、ICTを活用したプレゼンテーション力などの「多文化コミュニケーション力」、多様な意見を取りまとめて合意形成を図る「ファシリテーション力」、フィールドワークを通して地域特有の問題を発見し解決を図る「問題発見・解決力」の3つの力の修得をめざします。

備考

定員:80人

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に