丁寧な教育で、夢をかなえる確かな力を育む、1拠点の総合大学

志望者登録7230

合格者の声221

歴史遺産学科

学科紹介

歴史遺産を次代へ伝える知識と技術を身につけ、社会で必要な分析力や発信力を養う

日本や世界の有形文化遺産を研究対象として、今日まで受け継がれてきた意義や歴史的背景を理解し、正しく後世に伝えるための知識や保存方法を学びます。「歴史遺産コース」「考古学コース」「美術工芸史コース」の3コースに分かれて、歴史遺産を探究していきます。
貴重な史料や美術工芸品を多く有する京都の地理的なメリットをいかして、博物館や寺院、遺跡などでの実習やフィールドワークを展開。歴史遺産を研究するうえで重要な「本物」に触れることができます。こうした実践的な学びを通して、歴史遺産を次の世代へ伝え、活用していくための知識と技術を身につけていきます。
また研究活動を通して、企業や自治体、教育機関など幅広い分野で活躍するうえで欠かせない分析力やプレゼンテーション力といった社会人基礎力を養います。

備考

公募制推薦入試

その他推薦入試

AO入学制度

一般入試

センター試験利用入試

地方試験

期別募集

海外帰国生徒入学試験・外国人留学生入学試験

編入学試験・社会人入学試験

※2019年度入試情報

パンフレット・願書

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に