「学んだ知識を、生きる力へ。」

志望者登録7070

合格者の声244

現代社会学科

学科紹介

日常のふとした疑問や関心事が学びの入口。 現代社会の様々なことに目を向けて課題解決力と実践力を磨く

現代社会が抱える様々な課題から、興味や関心のあるテーマを選択。どんな内容でも学びにつながるのが現代社会学科の大きな特徴です。「文化・国際」「共生・臨床社会」「情報・メディア」の3領域にわたるコース科目から、学びたい内容に応じて科目を選択し、専門性を高め、同時に情報収集力、データ分析力、プレゼンテーション力など、問題解決に必要な力を養成。幅広い領域に目を向けたり、特定の事象を掘り下げたりと、学び方も自由です。
■幅広い領域と学びのテーマ
各コースの科目は、社会学の研究領域をほぼ網羅しています。例えば、民族、貧困、食糧などの人類共通の諸問題、高齢化、格差、差別などの社会問題、アニメやアイドルといった社会現象など、扱う対象は普遍的なテーマから現代的なテーマまで多種多様。1つのテーマを多面的に見つめることで、問題点を浮き彫りにします。主なコースを1つ選びますが、コースを越えての履修も可能です。

備考

公募制推薦

一般入試

センター試験利用入試

同窓入試

帰国・外国人生徒入試

ほか

パンフレット・願書

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に