描く未来へつながる 高度な専門性を磨く

志望者登録7764

合格者の声521

歴史文化学科

学科紹介

「地域文化」・「民俗文化」・「芸術文化」の3領域を設定。有形・無形の文化資料から、歴史を解き明かす。

◆学科の特徴
地域文化・民俗文化・芸術文化の3領域が設定され、1年次にはそれぞれの領域にわたる幅広い知識を習得。2年次からは興味・関心に応じて領域・科目を選択して学びます。文献や遺跡はもちろん、町並み、祭礼、芸能、芸術、神話・伝承など、様々な形で今に残る有形・無形のモノ(文化資料)から歴史文化を追究。現場を歩く・見る・聞く・感じる・考えるフィールドワークを核に、時間と場所の両面から、過去から現代に至る人間の営みを探究する。歴史を身近に感じられる京都というロケーションが、調査や研究に有利なだけではなく、学習意欲を高めてくれます。

■フィールドワークをとおして、課題解決能力を養う
歴史文化学科では、現場での学びを重視しています。フィールドワークで現地に足を運び、研究に必要な情報を収集する中で、コミュニケーション能力や問題発見・課題解決能力を育みます。社会に出た時に即戦力となるスキルを身につけることは、将来のキャリアアップにも役立ちます。

備考

一般選抜(A日程、B日程)

大学入学共通テスト利用選抜(前期、後期)

総合型選抜(自己推薦制)

学校推薦型選抜(公募制ほか)

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に