音楽ビジネスや起業も学べる、関西唯一の「音楽の総合大学」

志望者登録1889

合格者の声16

音楽学科 ジャズ専攻

学科紹介

ジャズエキスパートによるレッスンで、ハイレベルなJAZZ演奏家を育成

 ジャズを演奏するには、プレイヤー個人の能力と個性が必要とされますが、それと同時にグループで演奏する際のアンサンブル力(協調性)も重要です。
 本学はアンサンブル授業に特に力を入れており、個人レッスン・講義・合奏(アンサンブル)などの授業が効果的に関連するようカリキュラムを構築しています。
 第一線で活躍するミュージシャンによる個人レッスンでは、楽器の基礎能力、アドリブ力、ジャズに必要な表現力を鍛えます。楽譜を読み取ったうえで、自らをいかに表現するか、個々の"感性の成熟"を目標に指導していきます。
 また、ジャズのみならず、ラテン音楽やロック、フュージョンなど、あらゆるポピュラー音楽に対応できるようになるのも、ジャズを習得する大きな魅力。卒業生はそれぞれの個性を活かして、幅広いジャンルで活躍しています。

備考

総合型選抜

学校推薦型選抜

一般選抜

後期総合型選抜

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に