のびしろストーリーをはじめよう

志望者登録455

合格者の声63

子ども発達教育専攻※

学科紹介

特別支援教育の知識を身につけ、多様化する子どもに柔軟に対応できる教育者に。 発達障がいのある子どもに対する理解を深め、専門知識を修得し、実践的指導力を養います。

★2022年度より希望する免許・資格に応じて入学後にコース選択ができるようになります★
2022年度より教育学科を再編します。幼稚園教諭、小学校教諭、特別支援学校教諭、保育士の中から、将来めざす進路に合わせてコース選択ができるので、取得できる免許・資格の組み合わせの幅が広がります。※1※2
※1 課程認定申請中(ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります)
※2 指定保育士養成施設 設置計画中
  
★今、教育現場で求められている発達障がいへの理解を深めます★
発達障がいに関する理解を深めることで、発達障がいのある幼児・児童への理解と適切な指導や保育の方法をゼミや実習、講義を通じて学ぶことで、子供だけでなく周囲の人に配慮した学級づくりができる高度な指導力を身につけます。
                                          
★理想の教育者像を描くことをきっかけに学生ののびしろを大きく伸ばします★
教育者・保育者として、どんなキャリアを形成したいかを考えるキャリア教育に力を注いでます。将来の具体的な目標をもつことで、高い教育専門性を修得するとともに、生涯学び続けることができる教育者・保育者の基礎を作ります。

備考

※2022年度4月、教育学部教育学科子ども教育専攻・発達支援教育専攻を再編し、子ども発達教育専攻を開設予定です。

[定員]100名

[入試制度]総合型選抜、学校推薦型選抜、一般選抜、大学入学共通テスト利用選抜

[初年度納付金]1,300,000円(2022年度予定)

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に