関西最大級の「医療系総合大学」で、”チーム医療”を学ぶ

志望者登録1230

合格者の声40

特色

7つの学科が連携し、”チーム医療”の学びがさらに拡充

近年、「チーム医療」という言葉を耳にすることが多くなりました。ますます注目度が高まる「チーム医療」ですが、チーム医療は「今日からチーム医療をはじめます」と宣言しただけでうまくいくものではありません。
森ノ宮医療大学は、看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工・鍼灸学科の6つにわたる分野がひとつのキャンパスに集う医療系総合大学です。そのメリットを活かし、学科の枠を超え幅広い医療の知識とマインドを養う教育を展開しています。2020年4月には診療放射線学科が誕生し、さらに充実したチーム医療の学びを実現します。本学では全学科が連携したチーム医療の学びを「専門職間連携教育(IPE)」と呼び、実際の病院さながらの環境で実践的な学びを進めていきます。

2020年4月、放射線診療のスペシャリスト「診療放射線技師」を養成する「診療放射線学科」誕生

チーム医療に欠かせない放射線診療のスペシャリスト「診療放射線技師」を養成する7番目の学科を開設予定です。
診療放射線技師とは、医師の指示の下に、X線CT、X線TV、PET、MRIなどの機器で人体を撮影し、診断に必要な画像情報を提供する専門職です。放射線を照射してがん治療も担当します。放射線を安全に管理し、高度医療を支える診療放射線技師は、現代医療に欠かせない存在です。
近年は女性技師へのニーズが拡大しており、例えば”乳がん”の早期発見に、診療放射線技師による「マンモグラフィー検診」が有効とされ、検診率が増加傾向にあります。女性が安心して検診を受けられるよう、女性の診療放射線技師の需要が高まっています。

2020年春に「新校舎」完成予定

診療放射線学科の開設に伴い、新校舎を建設中です。スタイリッシュなガラス張りの外観で、校舎内にはカフェもオープン。また教員と学生のコミュニケーションの場となるコミュニケーションラウンジや、ロッカー室内にはラウンジとパウダールームが一体となったスペースの設置も予定しています。各フロアには室内から外空間をつなぐウッドデッキが設置され、開放感あふれるリラックスできる空間が広がります。

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に