関西最大級の「医療系総合大学」で、”チーム医療”を学ぶ

志望者登録1244

合格者の声42

理学療法学科

学科紹介

医療現場に即した知識と技術を学び、人との関わりを大切にする理学療法士をめざす

病院での医療スタッフをはじめ、数多くの現場経験者の教員をそろえ、常に現場をシミュレーションした教育を行うことで、患者さんとのコミュニケーション能力、問題解決力などを身につけていきます。また実習先は、大阪府・近畿地区を中心に約320施設と提携。特に相互連携協定を締結している医療法人錦秀会の研修センター内には「森ノ宮医療大学臨学共同参画センター」を設置し、実習担当者と一緒に本学の教員も直接指導を行う新たな実習体制を確立しています。なお作業療法学科も有する本学は、両学科の連携により、リハビリテーション全体を大きな視点で捉えて学ぶ環境を整えています。2019年3月卒業生の理学療法士国家試験合格率は100%(全国平均:85.8%)を達成しました。

備考

定員:70人

入試制度:AO入試/公募推薦入試前期・後期/一般入試前期・中期・後期/社会人入試Ⅰ期・Ⅱ期

学士(理学療法学)

パンフレット・願書

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に