君が育ち、未来を育てる。

志望者登録1074

合格者の声132

動物学科

学科紹介

生態、保全、繁殖など幅広いアプローチで 人間社会と動物との新しい未来を創造する。

日本は、今、空前のペットブームにあると言われています。イヌやネコだけなく金魚まで含めれば、ほとんどの家庭に動物がいると言ってもよいほどでしょう。ところが、少し目を転じると、野生動物の被害で廃業する農家が出ています。とうとう絶滅してしまった固有の動物もいます。鳥インフルエンザなど、動物が媒介する病気も増えているのです。本学科では、こうした現状を踏まえ、解剖学、生理学、生態学などの基礎を幅広く学んだ上で、動物資源学、動物保全学といった応用分野や各種の実習を通して「人間社会と動物たちとの新しい関係」を構築するため、実践力のある人材の育成に努めています。

<3つのポイント>
■POINT1:自由度が高いカリキュラム。動物について個人の興味に応じて多角的に学べる

■POINT2:キャンパス内にさまざまな野生動物が生息する、優れた研究環境

■POINT3:実習設備が充実。いろいろな小型哺乳類が飼育され、珍しい標本を多数所蔵している

備考

定員:45

初年度納入金:1,530,000円

学士

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に