君が育ち、未来を育てる。

志望者登録1064

合格者の声133

生命医療工学科

学科紹介

工学の知識と技術で医療の進歩に貢献する 再生医療にも精通したエンジニアを育成。

医療の進歩には、工学の力が欠かせません。そのため医療の現場では、医学や生物学の知識を備えたうえで、高性能な機器や装置の開発、設計、製造および操作が可能なエンジニアが求められています。本学科では医学・生物学と工学の融合領域を広く学び、人工臓器や超音波診断装置といった医療機器の「開発」「使用」両面について習得。近年注目の再生医療に関連する技術の開発や基礎研究について学び、工学的問題解決能力を身につけます。また産学連携にも積極的に取り組み、医療機器を操作する専門職である臨床工学技士の資格取得をめざした教育も実施。最新医療機器にいち早く対応し、チーム医療に貢献できる人材を育成します。

<3つのポイント>
■POINT1:工学と医学・生物学の融合領域を幅広く学ぶ

■POINT2:工学、医学の基礎知識から最先端の研究開発までを学ぶ

■POINT3:臨床工学技士として、医療の現場で活躍できる

備考

定員:60

初年度納入金:1,530,000円

学士

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に