早期からの「実地教育」で、主体性と判断力・対応力を兼ね備えた人材を育成

志望者登録5465

合格者の声103

表現文化学科

学科紹介

日本文化を深く理解し、言語と身体で”自分”を表現する。

実感・実践に軸足を置いて、日本の言語と文化を多角的に分析する力、自分の意志と感情を的確に発信する力を修得する学科です。日本文学、日本語、表現創造(言語・身体)の3コースからなる、ゆるやかなコース制を敷いています。日本文学コースでは、古代から近現代まで文化史を見通したうえで作品を読み解きます。書く行為、読む行為、演じる行為、観る行為、その向こう側にある、人の、家族の、社会の営みを探ります。日本語コースでは、古典文学からツイッターまでありとあらゆる日本語を対象として、多角的に考察します。日本語とはどのような言語なのか、その本質に迫ります。表現創造コースでは、古今東西の言語表現・身体表現の優れた作品に触れ、人間の表現方法の広さ・深さを学びます。小説や詩、脚本、ダンスやパフォーマンスの創作を通して、表現行為の本質を探究し、表現能力を高めます。

備考

・総合型選抜

・学校推薦型選抜

・一般選抜

・共通テスト利用選抜

・特別入試

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に