教育は愛なり

志望者登録674

合格者の声36

特色

最先端の技術力と豊かな人間性を兼ね備え、人を幸せにする技術者を育成

【学問分野】
工学部・情報学部・環境学部・生命学部

【教育内容】
工学・情報・環境に加え、医療技術や食品の分野において、最先端の技術力と豊かな人間性を兼ね備え、人を幸せにする「技術者」を育成しています。
実際に企業や地域などに赴き、現場の課題を分析・改善することで、社会から求められる能力を見出す「地域課題解決実習」や、学生が自主的に企画し、採択されると、最大100万円支給される「HITチャレンジ制度」など、実践的な教育を行っています。また、学習相談などに対し、教員がマンツーマンで丁寧に指導する「教育学習支援センター」を設置し、一人ひとりの学修についての不安を解消します。
就職活動では希望の進路実現に向け、教職員一体となって学生をサポート。全国トップレベルの就職率を実現しています。

女子学生のサポートも充実

女子学生の学生生活やキャリアアップを支援する「女子学生キャリアデザインセンター」を設置。
「キャリア形成支援」・「就業支援」の2つの支援プログラムを柱に、理系女子の継続的なキャリアデザインを推進し、女性が働きやすい就職先の開拓などを行っています。その結果、2020年3月卒業の女子就職率は100%(就職者98名/就職希望者98名)と毎年高い水準を維持しています。

<学生自らが企画・運営した活動例>
・JCD PRESSの発行:学生が企画する広報誌の発行
・プログラミング教室:学生が小学生に教えるプログラミング教室
・JCDキャロットラジオ:学生が企画・台本制作・パーソナリティーを務めるラジオ番組
・出張理科実験:小学生に理科の楽しさを伝えるため、理科実験教室を開催
・こだわりルームプロジェクト:地元の不動産会社と連携し、ワンルームマンションのリフォームプランを提案し、採用されると実際に施工

全国トップレベルの就職率(2020年3月卒業者)

◎確かな就職を実現する3つの基本姿勢
<1.内定率の向上>
年間を通した学科ガイダンス、就職適性検査「SPI」対策や面接指導を行うセミナー・講座など、学生個々との個別面談に重点を置いた細やかなバックアップ体制を整えています。

<2.就職の質の確保>
学生と企業の採用担当者が一堂に集まり、学内の体育館で直接面談する西日本地区有数の「学内合同の業界研究会、会社説明会」を毎年開催。優良企業約400社が参加し、ここから内定に結びついた学生も数多くいます。

<3.早期離職率の低減>
卒業生をサポートするための「卒業生相談コーナー」も設置しています。また、社会人としての心構えを卒業生に講演していただく「入社前セミナー」を開催。社会に出て働くことの意義を卒業前に再確認します。

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に