教育は愛なり

志望者登録695

合格者の声35

機械システム工学科

学科紹介

新たなものづくりに挑戦できるエンジニアを育成します。

機械システム工学科の学びは、家電から自動車、医療機器、ロボット、航空宇宙などあらゆる分野に通じています。機械力学・材料力学・熱力学・流体力学の4つの力学の基礎知識を中心に、設計、材料、制御システムなどエンジニアに必要な幅広い専門知識や技術を修得することができます。

<教育研究分野>
・デジタルものづくり分野
安全性を確保しながら所定の機能を果たす機械を、コンピュータを駆使しながら設計製作する能力(CAD・CAM・CAE)を修得します。また、材料加工技術や計測技術とともに工場での生産システムについて学修します。

・先端材料分野
材料学はものづくりの出発点に位置づけられ、機械の特性、信頼性や安全性に大きな影響を及ぼします。本分野では、基本となる鉄鋼材料の基礎理論、および非鉄金属材料や航空宇宙材料の強度特性や破損メカニズムについて学修します。

・環境エネルギー分野
水や空気の流れが保有するエネルギーや燃焼等で生じる熱エネルギーから高効率に力学エネルギーを取り出すエネルギー変換技術について学修します。また最先端の航空宇宙工学についても学修します。

・制御システム分野
現在の機械は制御システムが不可欠です。これに必要な電気電子システム、制御機器、情報システムの基礎と応用に関する知識と技術について学修します。また、最先端のロボット工学についても学修します。

備考

・総合型選抜

・学校推薦型選抜

・一般選抜

・大学入学共通テスト利用選抜

・特別選抜入学試験

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に