教育は愛なり

志望者登録673

合格者の声36

情報コミュニケーション学科

学科紹介

情報を利活用し、社会的価値を創造できる技術者を育成します。

「画像データから特徴を見つけ出す」「余剰に生産された野菜をネットで販売する」「効率の良いバスルートをAIが選定する」。高度な情報処理は、社会に新たな価値を創出します。情報コミュニケーション学科では、現在そして未来に情報がどのように社会に貢献できるかを考え、提案できる技術者を育成します。

<教育研究分野>
・経営情報システム
ビジネスにおいて、会計や予約など誰が行っても同じ結果が得られる仕事を効率的・効果的に支援あるいは自動化する知識や技術を学びます。また、勘や経験に頼らず、データに基づいて経営判断を支援する手法を修得します。

・データサイエンス分野
ビジネスにおいて、今まで存在しなかったサービスを新たに作る、新しい顧客を開拓することは重要な課題です。ビッグデータの中に隠れている「社会の課題」や「解決のヒント」を発掘できる技術を修得します。さらに、意思決定や新しいビジネス創出などの知識や方法を学びます。

・ソーシャルメディア分野
ソーシャルメディアは「人々のニーズ」と「つながる手段」が掛け合わされたときに自ら成長していくという特徴を持ちます。本分野では心理学や社会学に基づいて、ユーザー心理などその仕組みを活用した新サービスを構築できる技術を修得します。

・コミュニケーション分野
今日では、利用者の表情や動きを分析して、気持ちを知ることができる技術が開発されています。この技術を応用すれば、使いやすいだけでなく、困ったときに助けてくれるインタフェースが実現できるでしょう。操作を終えたときに、思わず「ありがとう」と言ってしまうような「やさしい」コミュニケーションツールが期待されます。

備考

・総合型選抜

・学校推薦型選抜

・一般選抜

・大学入学共通テスト利用選抜

・特別選抜入学試験

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に