教育は愛なり

志望者登録681

合格者の声36

食品生命科学科

学科紹介

食品関連産業の発展に貢献できるスペシャリストを育成する

食品生命科学科では、“いのち”を育む生命科学の本質について学び、「応用生物」と「食品製造」の2つの専門分野で専門知識を活かす理論と技術を修得します。社会が直面する諸問題を解決できる実践力とともに、協調性、倫理観、コミュニケーション能力など人間力を備えた技術者を育成します。

<教育研究分野>
・応用生物分野
植物がもつ生理的特徴を理解し、農作物の栽培や品質改良の知識を修得します。また、私たちの生活を取り巻く環境問題を理解し、解決するための実践的な環境保全に関する知識や技術を身につけます。さらに、生命現象を分子や原子レベルで理解し、有用物質の生産に利用するための知識と技術を修得します。

・食品製造分野
安心・安全な食品を製造するために必要な衛生管理、品質管理、殺菌技術などを修得します。また、身体の仕組みと機能を理解し、健康維持・増進に必要な食と身体活動の知識を身につけます。さらに、市場にマッチした食品を開発するためのマーケティングの知識、工場での食品製造に必要な機械の計測・制御の知識を修得します。

備考

・総合型選抜

・学校推薦型選抜

・一般選抜

・大学入学共通テスト利用選抜

・特別選抜入学試験

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に