健康・医療・福祉・スポーツ分野の総合大学

志望者登録5907

合格者の声126

医療技術学科 臨床工学専攻

学科紹介

生命維持にかかわる医療技術・機器の進歩に対応した医療テクノロジーを実践的に学ぶ

医療現場の第一線に欠かせない人工心肺装置、人工呼吸器、人工透析装置などの生命維持管理装置をはじめ、高度先進医療機器の選定から操作、保守、管理まで行い、患者の命を預かる「臨床工学技士」をめざします。生体機能の中で特に臨床工学の専門科目と関連し重要となる、呼吸、心臓・循環、腎臓と脳神経機能について、応用生理・病態生理学的立場から高度な知識を修得します。同時に、血液循環や体温の調節、血液の酸・アルカリや成分のバランス、エネルギー代謝、ホルモンと自律神経、体内状態の自己制御機能について学びます。また、臨床工学実習は、複数の病院で実習を行います。それにより病院によって異なる多様な機器を使った実習を経験し、講義、実験、演習、実習をトータルに結びつけた教育を実践しています。また医療機器の操作、メンテナンスの力を養うため、医療機器メーカーなどで現場実習も同時に行い、実践的な知識と技術を学びます。

備考

学校推薦型選抜(併願・専願型)、一般選抜(手続期間長期型/前期A・B日程/共通テストプラス方式/中期日程/後期日程)、大学入学共通テスト利用選抜前期・後期

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に