君が育ち、未来を育てる。

志望者登録157

合格者の声11

特色

―4年後の約束― 子供に寄り添う、こころ豊かな先生に。

教育者・保育者の養成を目的に開学した山口学芸大学は、「先生になりたい」という熱い思いに応えるために、総力をあげて教員養成に取り組んでいます。

教員になるために用意された4年間のカリキュラム。
教員になるために整えられた穏やかな教育環境。
教員になるために集まった仲間たち。
確かな目的をもった単科大学ならではの、本気の約束です。

…「4年後、私は子どもに寄り添う、こころ豊かな先生になる。」

■Focus1:「小学校教員実就職率」全国私立大第1位!

山口学芸大学では「先生になりたい」という学生の夢を全面的にバックアップし、採用試験を突破するための様々な実践的サポート体制を整えており、公立学校教員採用試験や公立保育職採用試験などで抜群の合格実績を誇ります。
授業はもちろんのこと、論作文、面接、実技試験対策やマナー指導も充実しており、空き時間を使ってきめ細やかな個別指導が行われているのも小規模大学ならではの大きな強みです。

卒業生のうち90.1%が教育・保育の専門職への就職を果たしており(2019年3月卒業生)、
特に小学校においては、「2019年小学校教諭実就職率」全国私立大学第1位(国立大学を含めると全国第3位)になるなど、名実ともに「先生になるなら学芸」と高く評価をされています。

■Focus2:「英語をきちんと教えられる先生」を育てます。

2020年から小学校5,6年で「英語」が教科化されることに伴い、子どもたちにしっかりと英語を教えることのできる教員が求められています。
英語力と指導力を合わせ持った小学校・中学校・高等学校教員をはじめ、グローバル時代に対応した保育者を育成します。

<単位認定制度>
学生が個人で参加した海外研修には、「語学・異文化海外研修」として単位を認定するシステムです。海外での研修は、保育者・教育者をめざす学生にとって大きな財産になります。

<English Zone>
キャンパス内に英語のみを使用するエリアを確保し、グローバル社会に対応したコミュニケーション能力を磨きます。ネイティブ教員や海外経験が豊富な教員と一緒にEnglish Lunchを楽しみます。また、Graded Readers(英語学習者用の多読教材)を活用して、読む活動を行ったり、「e-learning教材」(自主学習ソフト)を使用することで、英語の学習習慣を確立します。

<開南大学との学術交流協定締結>
2019年に台湾華北桃園市の開南大学と学術交流協定を締結。夏期英語台湾文化研修の受講や開南大学との交換留学が可能となり、確かな語学力とグローバルな視野を身につけた教員をめざすことができます。

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に