医療系・文系・理系の多彩な学びがそろう9学部27学科の総合大学。みなさんの夢を支援します。

志望者登録420

合格者の声43

口腔保健学科

学科紹介

口から健康を支える新時代の歯科衛生士に

歯科衛生士の仕事は、歯科疾患の予防だけではなく、食べることを支援し、口の健康から全身の健康をサポートする職業です。口の健康は、生活習慣病の予防や介護予防などと密接に関係しており、要介護の高齢者は免疫力や体力が落ちている場合が多く、口腔ケアを怠ると誤嚥性肺炎を起こし、それがきっかけで全身の状態悪化に繋がる恐れがあります。
そのため、他職種と連携をしながら科学的根拠に基づき患者さんに丁寧に指導を行うことで、患者さんの生活の質を高めることに繋がり、医療人として社会に貢献することも出来ます。本学科では医療系の総合大学の強みをいかし、医療・福祉関連学科と連携し、在学中からチーム医療について学ぶことができます。医療・福祉に関する幅広い知識やマインドを持った歯科衛生士を養成し、卒業後は、歯科クリニックだけではなく、総合病院や高齢者施設、保健所、医療関連企業などで働くことをめざします。

備考

定員:40

AO入試、公募制推薦入試、一般入試[2月~3月]、大学入試センター試験利用入試[本学での個別学力審査なし]など多彩な入試で、受験が可能

学士(口腔保健学)

パンフレット・願書

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に