福岡の中心部で本格的なチーム医療を学ぶ

志望者登録910

合格者の声20

放射線技術科学科

学科紹介

最先端の医療機器を駆使する「診療放射線技師」を育成

現在の医療では、放射線の利用なしでは成り立ちません。そのため、最先端放射線医療機器を駆使できる専門知識と放射線診療技術を修得すると共に、医療の一員としてふさわしい知性と教養を身につけた診療放射線技師を育成します。
【1年次】医療人としての基礎を固める
1年次では、医療人としての意識、医療を学ぶ動機付け、及び医療連携の基礎など、豊かな人間性養成を重点とし、一般教養科目を中心にカリキュラムが組まれています。
【2年次】基礎知識を修得する
放射線を学ぶ上での基礎となる、物理系科目、基礎医学科目を中心に教授し、実習によって理解を深めます。これらの科目は3、4年次の専門分野科目に不可欠な基礎となるので特に重要です。
【3年次】放射線診療の心構えを養う
診療放射線技術学の主要科目を教授します。
専門性の高い講義や臨床実習を通して、診療放射線技師として必要とされる高度な専門技術を身につけると共に、臨床実習では医療技術者となるべく、患者接遇術などについても学びます。
【4年次】ペイシェント・ケアを実践する
臨床実習と卒業研究を行います。
3年次に行った臨床実習に引き続き、放射線治療・核医学検査などの臨床実習で実際に患者さんに触れ、知識や技術の確認と修得を行い、高度なペイシェント・ケアを体験します。

備考

2019年度参考 定員:80

入試制度:推薦入試/センター方式入試/一般方式入試

キャンパス:本学キャンパス

パンフレット・願書

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に