福岡の中心部で本格的なチーム医療を学ぶ

志望者登録912

合格者の声20

医療工学科

学科紹介

医療機器のスペシャリスト、「臨床工学技士」を育成

臨床工学技士として必要となる確かな知性と教養、医療現場で活躍するために必要となる医学の基礎・専門知識とともに工学の基礎知識を身に付けた、優れた臨床工学技士を養成します。
【1年次】医療人としての基礎力養成
1年次は社会人として必要となる教養科目を中心とした履修を行います。解剖学や臨床医学総論、基礎生物学、生命・医療倫理学など医療人として必要となる基礎医学系科目についても学びます。また、臨床工学技士に必要となる基礎的な数学や物理系科目なども履修します。
【2年次】専門基礎科目の修得
2年次では、主に生理学や生化学の医学系科目とともに、医療機器の操作や管理に必要となる生体物性論、医用機器学、電気・電子回路、医用機械工学など医用工学系の科目で基礎知識を学びます。さらに、臨床医学各論Ⅰ・Ⅱでは臨床工学技士に必須である臨床医学について学んでいきます。
【3年次】専門科目の修得
3年次は、1年次から2年次で学んできた医用工学系の基礎科目をもとに、生体機能代行装置学や臨床工学実験、医用治療機器学、医用機器安全管理学など臨床工学技士で特に必須となる専門科目を学習していきます。また、病理学、薬理学、免疫学、臨床医学各論など医学系の専門科目についても学んでいきます。
【4年次】臨床実習と卒業研究
4年次前期に、学外での臨床実習を行います。臨床実習では大学病院などの大規模な医療施設などで学内で学んだ各種知識をもとに、臨床指導を受けます。また、通年では卒業研究を実施し、研究成果を報告します。総合チーム医療では少人数のグループに分かれ与えられた医療のテーマについて議論します。

備考

2019年度参考 定員:40

入試制度:推薦入試/センター方式入試/一般方式入試

キャンパス:本学キャンパス

パンフレット・願書

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に