東京の真ん中で世界が求めるグローバル市民へ

志望者登録105

合格者の声3

特色

グローバル教育180年の伝統と、「学びの未来」が融合

2015年4月に誕生した順天堂大学 国際教養学部。設置4年であるが、バックボーンには1838年の開学以来、日本初の西洋医学塾として蓄積してきた国際教養の豊かな伝統・土壌があります。グローバル社会での活躍に必須な国際教養をベースに、国際社会をめぐる多様な課題解決に向けて「異文化」と「健康」にフォーカスした斬新なカリキュラムで、真のグローバル市民を養成します。

グローバル市民を育む複言語主義

順天堂大学 国際教養学部では多様な文化を広く理解するために、国際共通語としての英語以外にスペイン語・フランス語・中国語の中からもう一つ選び学ぶ、複言語教育のカリキュラムを準備しています。また個人の興味・関心に合わせて、現地でしか体験できない語学の教育として、短期留学~長期留学までさまざまな海外研修プログラムを用意しています。普段の観光旅行では決して味わうことのできない地域・施設への訪問なども組み込まれており、より深くその国の文化・歴史を体感することが出来ます。

就職に強い順天堂大学国際教養学部

3人の経験豊富なキャリア担当教員が1年次より、個人の納得ができる就職に向けてサポートします。2019年度では就職率が98%(2019年3月卒業見込)と初年度から高い就職内定率を出しており、進路先としては、航空(キャビンアテンダント)、航空(地上)、製薬メーカー、商社、医療機器メーカー、金融、旅行代理店など多岐にわたります。

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に