ICTで、まだない幸せをつくる。

志望者登録102

合格者の声1

特色

在学中に、すべての学生が起業にチャレンジする。

4年間の大学在学中に、全員の学生が一度は起業する「全員起業」を目標に掲げています。
社会の現場でICTを使ってイノベーションを起こし、すぐさま行動に移すことのできる力を磨くために、起業機械の経験の提供・支援を行います。講義の中で、ビジネスをゼロから企画。在学中からイノベーションを起こします。

これからは「クラス」や「国」を越え、最先端テクノロジーを活用した教育的機会の提供が必須となっていく

ICT 活用に先進的な学校では、これまで以上に速いスピードで革新が進んでいます。コラボレーション型およびプロジェクト型の学習を支援するテクノロジーを活用し、生徒たちはどこでも、どんなデバイスでも、自分で可能な方法を見つけながら学習しています。このような取り組みをさらに拡大させ、「クラス」や「国」の壁を越えた学びを実現するため、最先端テクノロジーを活用し、教育コンテンツや交流の機会が必須となっていくと考えています。

産業界の「今」を伝えるべく、100名を超える客員教員を招聘

ICT人材不足から、AIが人間の仕事の50%を奪うと言われている現在、これからの日本・世界を担う若者が学ばなければならない事象は今まさに現場にいる産業界の各分野にあります。
また、情報経営イノベーション専門職大学(仮称・設置認可申請中)では課題を柔軟な発想から、学んだ知識と技術を融合させ解決策を見出す力を養うため、様々な分野の今とこれからを学びます。
そこで情報経営イノベーション専門職大学(仮称・設置認可申請中)では専任教員に加え、多くの客員教員を招聘し、今産業界で起こっている波や新たなサービス・技術、文化や多様性社会について学生に伝えていきます。
ICT業界はもちろん、様々な業界、分野の客員教員から学ぶことで視野・視点を多く持ち、あらゆる社会課題を解決する力を養います。また、学生は客員教員が経験していきた過去の取り組みを直接聞くことで、自分ならばどうするのか。などの思考力を鍛えます。

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に