日本でただ1つ「公益」を冠する大学

志望者登録901

合格者の声4

特色

地域が直面する課題にリーダーシップを持って果敢に取り組む人材を育てます

公益学部公益学科の中に経営、政策、地域福祉、国際教養、観光・まちづくり、メディア情報コースを設置。6コースから各⾃の興味に応じてコースを選択。ひとつのコースを軸足として他コースの専門科⽬も学ぶことができるので、様々な視点からの知識を身につけることができます。
体系的な学びで「コミュニケーション⼒と発信⼒」「国際感覚」「創造⼒と企画⼒」「リーダーシップ」を⾝に付け実践⼒を磨いていきます。

手厚い海外留学支援

海外留学を単位として認定しているほか、1か月以内の短期留学では、初回費用の2分の1以内、資格試験の成績に応じて3分の2以内を大学が助成。2か月以上の中長期留学に参加しても、4年間で卒業できる制度を整えています。グローバル人材育成のためのさまざまな取り組みが評価され、THE世界大学ランキング日本版2020の“国際性”ランキングで北海道・東北の私立大学のなかでは3年連続1位に選ばれました。

学内ダブルスクールで公務員志望者を強力バックアップ

専門コースでの政策・法律・行政分野の学びに加え、公務員をめざす学生のために課外で公務員試験対策講座を開講しています。大手専門校のプロ講師による年間540時間(26科目、215コマ)の講義をキャンパス内にいながらにして受講可能です。
県庁・市役所職員等の行政職を目指す方向けの「公務員コース」は7万4千円、警察官や消防官を目指す方向けの「教養コース」は2万2千円(費用はいずれも2020年度実績)と安価に設定。また、公務員に合格した先輩学生の合格体験談や、政策コース教員による試験科目のフォローアップ講座、キャリア開発センターによる模擬面接やグループディスカッション対策など、大学全体で支援をしています。

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に