2020年4月に開学した、保健医療分野の「新しい専門職大学」です。

志望者登録35

合格者の声3

理学療法学科

学科紹介

理学療法の専門性を活かし、現場の中核として 社会の変化に対応できる実務リーダーを養成

地域における医療と福祉の一体的なサービスが展開され、理学療法士に求められる役割は拡大しています。東京保健医療専門職大学では、共生社会の実現に寄与できる実務リーダーとしての理学療法士を育成します。高度な実践力を育成するために、専門職大学で定められている臨地実務実習時間(600時間)を超える「900時間」の実習時間を確保しています。また展開科目として経営戦略・人材マネジメント・マーケティングといった「組織の経営・マネジメント」を学んで、実務リーダーに欠かせない“マネジメント力”を身につけます。さらに共生福祉論・支援システム工学・コーチングとスポーツ・障害者の社会参加とスポーツ・手話といった専門分野の周辺(=隣接他分野)の学びを通じて、新しい価値の創造や新たなサービスの開発ができる「現場の中核としての実務リーダー」を養成します。

備考

定員 80

初年度納入額 1,900,000円

学位 理学療法学士(専門職)

キャンパス 本学(東京都江東区)

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に