未来を創る、コンピュータ理工学。

志望者登録1284

合格者の声73

特色

コンピュータ理工学からつながる無限の可能性。

会津には教育のチカラで社会を動かしてきた伝統があります。その精神は会津大学にも受け継がれ、確かな知識・技術を身に付け、世界で活躍できる人材を輩出しています。会津大学は1993年に開学した日本最初のコンピュータ理工学専門の大学です。コンピュータ理工学は応用性が広く、将来性の高い学問です。その可能性は、「未来を変える」「未来を創る」チカラを持っています。常に世界を見据え、挑戦し続ける人を私たちは求めています。

質の高い就職実績

会津大学の卒業生は、開学以来、コンピュータ理工学の最前線の企業等で活躍しています。学生は、大学で確かな技術力と課題解決力を身に付けられるからこそ、自信を持って国際社会で活躍できる、これが本学の最大の魅力です。そのため開学以来、学部は平均97%、大学院はほぼ100%という高い就職率を誇っています。(主な就職先:野村総合研究所、スクウェア・エニックス、東日本旅客鉄道、ヤフー、楽天、ソニー、東日本電信電話、本田技研工業、会津オリンパスなど多数)

ICT教育と英語教育の両立

会津大学は開学以来、最高レベルのコンピュータ環境と世界トップレベルの教員たちにより、基礎教育から応用教育にわたる広範囲かつ最先端の研究に必要な能力を育む環境を整えています。
また、会津大学ではプログラミングやコンピュータに関する専門科目に加え、英語を徹底的に教育します。ICTを学ぶ者にとって、英語は最新ICTの情報を得るための道具として必須だからです。会津大学では、実践的な英語を身に付けられる環境があり、結果として学生は、卒業論文を英語で作成・発表することができるようになります。また、留学生と共に英語のみで科目を履修し、卒業が可能な「ICTグローバルプログラム全英語コース」に在籍することで、早期にグローバル環境に飛び込むこともできます。これらにより、グローバルに活躍できるICTのスペシャリストを養成しています。このこだわりが評価され、THE(Times Higher Education)ヤング世界大学ランキング2021において、日本の大学の中で3位となっており、「THE世界大学ランキング日本版2022」においては、日本の273大学の中で18位となっています。

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に