~学問の力で、東京から世界の未来を拓く~

志望者登録37436

合格者の声977

インダストリアルアート学科

学科紹介

多彩なデザイン領域と工学領域を横断的に学ぶことができます

■コンセプト
 プロダクト系とメディア系分野が共存する学科として、美術系大学のデザイン学科とは一線を画し、多彩なデザイン領域と工学領域を横断的に学ぶことができます。新しい価値やグローバルなネットワークを生み出すことができる総合的能力を備えた研究者やエンジニア、現代社会が求める幅広い知見をもったデザイナー等の人材育成を目指しています。

■カリキュラム
 専門科目は大きく2つ。「基礎総合ワークショップ」は、アート・デザイン全般に不可欠な技術と知識を学ぶ中で感性を磨きます。「コア科目」では、プロダクトデザインとメディアアートというフィールドを設け、演習科目などで専門性を高めます。4年次には 1 2のスタジオ(専門領域)に分かれ、アート・デザインと、そのシステムが拓く可能性を特別研究(卒業研究)としてまとめます。

■求める学生像
1. 人とのコミュニケーションを大切にするダイナミックな行動力のある人
2. デザイン、システム、社会に対して、豊かな感性をもって幅広い視野で捉えることに興味を持っている人
3. 先進のデザイン学を学ぶために十分な数学や英語などの基礎学力を持っている人

備考

定員:50名

入試制度:一般選抜/学校推薦型選抜/特別選抜

初年度納入金(予定額):661,800円(都民)、802,800円(都民外)

学士

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に