「実践の実践」。その誠実さを、人と社会を支える力に

志望者登録4743

合格者の声411

国文学科

学科紹介

古代の文学から現代のマンガまで。幅広い領域を研究して、表現力と思考力、感性を磨きます

文学とことばの研究を継続して探究することによって、人間に対する洞察力と、自身や他者の役割を理解しながら人間関係を構築する力、人の心を打つ表現力が身につきます。

学びの領域

国文学/ 日本文学
古くは奈良時代から近現代までの文学、マンガといったサブカルチャーなど、日本語で書かれた幅広い領域を対象とします。日本文学を軸に多くの作品に触れ、その時代背景や作家の内面を考察し、感性を磨きます。
 
国語学
日本語を科学的に分析して、言語としての特徴を明らかにしていきます。発音の特徴や文法の仕組み、文字の歴史や日本語の方言など、さまざまな方面から日本語の本来を科学的に見極めていきます。
 
漢文学/ 中国文学
漢文の訓読と読解を基礎から学び、漢字だけでなく、ものの感じ方、考え方など、中国の歴史と文化への理解を深めます。長く中国の文学から影響を受けてきた、日本人の思想や日本の文学をより深く理解するための学びです。

日本語教育
外国人学習者にどうすれば効果的に日本語を教えられるのかを考えます。また、外国人学習者が話したり書いたりする日本語を研究対象とし、日本語とはどのような言語なのかについても探究します。

学びの特徴
<Point1>ITスキルを活用して国文学をより深く研究
膨大な情報を効率よく検索・活用するための手段や日本語の構造を分析する方法として、コンピュータの基礎技術を習得します。国文学科の領域に関する資料の収集や精査などの技能を向上させ、より深い研究を実現させます。
 
<Point2>専門の養成コースで日本語教員をめざす
文学部の副専攻として日本語教員養成コースを設置。日本はもとより外国からも広く求められている日本語教員をめざして、そのための専門的な知識やスキルを学びます。基礎コースと、日本語学校等で日本語を教える力をつける実践コースを設けています。
 
<Point3>文学のゆかりの地を訪れ作品の世界観を研究
奈良・明日香の遺跡などを巡る校外実習を通して、作品のねらいや歴史的背景を体験的に学びます。文学作品のゆかりの地や名所旧跡を訪れることで、世界観を探究するとともに、その魅力を社会に発信する力を養います。

備考

定員:110人

入試制度:一般選抜/共通テスト利用選抜/学校推薦型選抜/総合型選抜/その他

初年度納入金(予定額):1,337,010円

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に