「実践の実践」。その誠実さを、人と社会を支える力に

志望者登録4744

合格者の声411

現代生活学科

学科紹介

現代の暮らしと社会の諸課題とその解決法を、社会的需要の⾼い「環境」「メディア」「⾃⽴」の3つの領域から横断的に学修します

これからの産業や地域社会の姿をとらえ、現代の企業や行政が重視する「生活者」の視点から、新しい生活課題の解決や新たな社会づくりに貢献できる力が身につきます。

学びの特徴
<Point1>プロジェクト型演習を通して課題解決の力を養う
1年次から、企業や行政、地域などと連携したプロジェクト型演習を数多く取り入れてい
ます。実社会の課題からその解決方法の考案に取り組み、探究力や企画力、プレゼンテーション力を実践的に身につけます。 
 
<Point2>主体的に活用するためのメディア制作の技術を磨く
メディア系の演習科目では、映像やアプリ、We b 制作に取り組みます。データ分析やプログラミングも学び、現代の企業が求めるメディア・コミュニケーションの技術と、その特性を理解し表現できる力を養います。
  
<Point3>1 年次からキャリア形成を意識し自立できる女性をめざす
専門科目の中にキャリア形成の授業を取り入れ、学科の学びを社会でいかに活用するかを自ら問い、考えます。「女性の活躍」が期待される社会で、新しい女性の生き方を自信を持って描き、提案する力を育みます。

備考

定員:60人

入試制度:一般選抜/共通テスト利用選抜/学校推薦型選抜/総合型選抜/その他

初年度納入金(予定額):1,357,010円

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に