「実践の実践」。その誠実さを、人と社会を支える力に

志望者登録4744

合格者の声411

生活文化学科 生活心理専攻

学科紹介

日常生活のなかで起こるさまざまな問題や課題を、心理学の視点から探究し、解決に導く力を育てます。

家族、社会、健康など、人々の多様な生活や生き方を理解し、その中にある課題を心理的側面から捉え、心理学の思考と方法を用い、主体的に解決を図る力が身につきます。
 
学びの特徴
<Point1>生活の中で活かせる心理学を学ぶ
生涯発達や心身の健康、家庭生活、地域と社会など、実生活と密接に関係する心理学を学びます。子どもから大人まで幅広いライフステージを対象とするので、実際の生活の中で活かせる心理学が身につきます。 
 
<Point2>生活課題を心理学の視点から分析し解決する
生活における課題を理解した上で、さまざまな実習やフィールドワークに取り組みます。心理学の調査方法や統計の扱い方、カウンセリングなどの実践を通して、分析・解決する手法を理解し、自らの生活や生き方に活かします。
  
<Point3>心理系の専門資格や家庭科教諭免許の取得が可能
卒業時には、認定心理士や社会調査士の資格取得が可能です。また、公認心理師(国家試験受験資格)の取得もめざすことができます。また、中学校・高等学校教諭一種免許状(家庭)や児童指導員の資格取得もチャレンジできます。

備考

定員:40人

入試制度:一般選抜/共通テスト利用選抜/学校推薦型選抜/総合型選抜/その他

初年度納入金(予定額):1,357,010円

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に