「実践の実践」。その誠実さを、人と社会を支える力に

志望者登録4743

合格者の声414

現代社会学科

学科紹介

社会や企業のしくみを多角的に理解。コミュニケーション能力やリーダーシップを養いながら、問題を解決できる力を身につけます。

現代社会学科では、現代社会とビジネス社会の在り方を、さまざまな視点から理解し、直面する課題について自らテーマを設定し、他者を理解し、協働しながらその解決のために主体的に行動できる力が身につきます。
 
学びの領域

・経済・法律系
日本と世界の経済の動向や理論、企業活動に関わる法律の専門知識が身につきます。金融や消費者問題、労働、行政など人々の社会生活に密接な課題について学びます。
  
・経営・ビジネス系
企業経営、企業のブランド戦略の立案、消費者の心理と行動など、ビジネスに関連の深い専門領域を学びます。データ分析の技法や社会調査の方法など実践的な技能も身につけます。
  
・グローバル社会系
世界の国・地域における異文化理解や多様性の在り方、経済発展について学びます。社会政策や国際協力、NGO組織運営などの課題解決へと応用します。
 
学びの特徴
<Point1>1年次からスタートする少人数制のゼミ
少人数制のゼミ(演習)を1年次から履修。研究課題に取り組むための情報収集や論文作成、プレゼンテーションのスキルを段階的に養います。担当の教員が、学生の研究発表について、思考や技能の面からサポートします。
 
<Point2>実践的なビジネススキルを身につける
社会調査の方法やデータ分析、プロジェクトの立案など、ビジネスパーソンに不可欠な技能を、演習やアクティブ・ラーニングを通して身につけます。専門的な知見を生かして課題を解決する力、論理的思考力も磨きます。
  
<Point3>組織経営で必要なマネジメント能力
経済学、経営学の理論や法律の専門知識、解釈の方法などを講義やゼミで学び、常に進化し続ける現代社会の本質を探ります。経済と社会の動向を理解し、事業経営や人材管理の基礎となるマネジメント能力が身につきます。

備考

定員:200人(2学科一括募集)

入試制度:一般選抜/共通テスト利用選抜/学校推薦型選抜/総合型選抜/その他

初年度納入金(予定額):1,342,010円

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に