大学で何を学び、卒業後どう生きるか

志望者登録4872

合格者の声890

環境教育学科

学科紹介

身近な環境に関する知識をもつ専門家や理科教諭を目指す

環境教育学科のことを「環教」と言います。「環境」のことを理解した上で、それらの応用について学ぶ「教育」と、学び取った知識を若い世代に伝える「教育」を合わせて、「環境+教育」で「環教」です。文系であり理系でもある「環教系女子」を育成する学科として2014年より新たなカリキュラムでスタートしました。1年で基礎を学び、2・3年で多くの実験実習を体験し、4年で卒業研究の日々を過ごして社会に出ます。その過程で環教女子としての顔になります。そして、学んだ事を教育することのできる人材へと成長します。

【取得できる資格】
東京都1種公害防止管理者、中学校教諭1種(理科)・高等学校教諭1種(理科)、毒物劇物取扱責任者
【取得指導を行う資格一覧】
eco検定(環境社会検定)、環境教育インストラクター、バイオ技術者認定試験、公害防止管理者(国家資格)、細胞培養士、ITパスポート(国家資格)、日本化粧品検定
【先輩の声】
公務員としてより良い環境を提供したい。家政大学は就職サポートが充実していて、大学1年のときから進路を考えるためのさまざまな講座を受講できます。私は理科教員をめざして家政大学に入学したので、2年次に「教員採用試験対策講座」を受講しました。さらに3年次には「公務員採用試験対策講座」を受講したのですが、そのとき、教員として子どもたちとの関わりだけにとどまらず、地域貢献する仕事に大きな魅力を感じました。そこで就職では、地元である伊豆市の採用試験を受け、内定をいただくことができました。

備考

【選抜方式のご紹介】

・総合型選抜

 渡邉辰五郎(自主自律)AO入試

 総合型選抜(共通テスト利用型)入試

・推薦型選抜

 グローアップ入試(公募推薦)

 学校推薦型選抜 指定校方式

・一般選抜

・共通テスト利用入試

・特別入試

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に