多様な学びに対応する国内最大級の総合大学

志望者登録39316

合格者の声5388

バイオサイエンス学科

学科紹介

バイオテクノロジーを用いて生命活動を解明し深刻化する社会問題を解決する

生物が持つ多様な「情報・物質・機能」を活用するための知識や技術を網羅した学問がバイオサイエンスです。そこへITやAIなどのデジタル技術を融合した先端的なバイオサイエンスにより,様々な生物の「はたらきやメカニズム」を解明し,社会に還元することで健康で持続可能な快適なくらしの実現や新しい産業の創出を目的としています。本学科には,栄養・健康科学コース,発酵・ケミカルバイオロジーコース,微生物・植物コースがあり,1つのコースを集中的に学び一つの分野を究めることも,3つのコースを万遍なく学び幅広い分野を修めることもできます。まず,1年次にバイオサイエンスの基礎を学び,2年次で希望のコースに分かれます。3年次から4年次は研究室に所属し,より専門的なバイオサイエンスの知識と技術を身に付けます。得られたバイオサイエンスの知識と研究基礎力により,社会の様々な課題を発見し,解決できる人材を育成します。

備考

A個別方式

N全学統一方式

指定校制

公募制

総合型選抜

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に