市民に愛される「知の拠点」 として地域社会の明るい未来を育む

志望者登録20471

合格者の声956

特色

学修者本位の教育の実現

多様で柔軟な教育プログラムの展開により、学生が明確な目標に向かって主体的に学ぶこと、自ら評価しさらなる学びにステップをすすめる自律的な学修者となることを支援します。(名市大未来プラン2021「教育」より)
 
●安定した大学経営のもと、勉学に専念できる制度
名市大は、名古屋市の支援により大学運営が安定し、授業料減免、奨学金給付、資格取得支援などの制度が充実しています。充実した制度を利用して勉学やサークル活動、社会貢献などに専念できる環境が整っています。

医学部 保健医療学科 リハビリテーション学専攻 指定学校申請中

2025年4月、医学部に看護学部を統合して、新たに保健医療学科を設置し、看護学専攻とリハビリテーション学専攻の開設を予定しています。本専攻では、理学療法学・作業療法学をはじめ、医学科や看護学専攻と連携し多職種連携教育を更に強化するとともに、国公立大学としては国内最大規模の医学部附属病院群での実習等を通じて、高度な臨床実践能力を持つ理学療法士・作業療法士の育成を目指します。
※指定学校申請中であり、内容に変更が生じる可能性があります。

大学院データサイエンス研究科データサイエンス専攻修士課程 設置

本研究科修士課程は、社会のデジタル化の進展とともに、多種多様なデータを社会課題の解決に活用するデータサイエンスという学問が注目されている背景のもと、データサイエンスのより高度な専門技術と実践力を有する人材の養成を目指しています。

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に