市民に愛される「知の拠点」 として地域社会の明るい未来を育む

志望者登録16436

合格者の声465

公共政策学科

学科紹介

家計、企業、政府の行動原理を学び、よりよい社会の在り方を議論する

公共政策学科では、経済学を学ぶことで、経済主体(家計、企業、政府)の行動原理を科学的に解明し、社会のルールのあり方を議論する手立てを身につけることができます。 経済主体がどのように行動するかを踏まえて政策立案を議論するというトレーニングは、よりよい組織、よりよい社会を築く一員となるための大切な基礎となります。身の回りのできごとや政治・経済、さらには文化・芸能ニュースまでもが経済学という1つの枠組みを通して鮮やかに捉え直すことができます。
公共政策学科は、こうした方法論としての経済学の習得を軸とした幅広い視野と教養を備えた人材を育成します。卒業生は、金融や製造業・サービス業などの民間企業、公務員、研究者あるいは非営利団体組織(NPO)など幅広い分野で活躍しています。

備考

<定員>

92名 ※学科選択は2年次に行います

<入試制度>

一般選抜(前期日程・後期日程)

学校推薦型選抜(A・B・名古屋市高大接続型)

私費外国人留学生選抜

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に