2022年4月、データサイエンス学科誕生!

志望者登録404

合格者の声24

特色

2022年4月、データサイエンス学科誕生!

実社会で必要となる知識と技術を同時に学び、現場で活躍する創造的エンジニアを育てる「実工学教育」。学生一人ひとりの能力に合わせて基礎知識、理論を学びながら、実験・実習・製図など実践的技術を同時に学び能力を進化させる学修システムで、次世代の実工学技術者を育てます。
2022年4月、先進工学部にデータサイエンス学科を新設します!データサイエンス、AI、IoTなど、最先端の情報技術とシステム構築力の応用力をもち、社会課題の解決や新たな価値の創造に取り組めるエンジニアを育成します。

工学基礎教育における習熟度別クラスをクォーター科目として導入

技術革新を成し遂げるには、技術者としての基礎を固めることが重要です。日本工業大学では、初年次の工学基礎教育に力を入れています。工学に必要な「数学」「物理」「英語」の基礎固めを目的として、入学時のプレースメント(クラス分け)テストの結果をもとに、一人ひとりの学力に合った科目からスタート。1年を4期に分けた「クォーター制」を導入し、週2回の授業を実施します。段階的に学ぶことで着実に基礎を身につけられます。

国内トップレベルの就職実績。将来の可能性を広げる徹底した就職支援

就職にも強いのが日本工業大学の魅力です。1学年からキャリア教育を実施し、就職活動前は就職支援ガイダンスも行います。また学内では合同企業説明会も開催。日本工大の学生が持つ専門性を評価する声は、業界を問わず高まっており、近年は個別企業説明会を含め説明会参加企業が900社を突破。2019年度は求人倍率が17.4倍、就職率は98.0%を記録しました。

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に