教養教育と実学教育で社会の変化に対応できる、広い視野を持つ人材を育成

志望者登録1953

合格者の声40

特色

留学制度がある

英語情報マネジメント学部(英語キャリアコース)、観光ビジネス学部、学校教師学部(英語専修)は5ヶ月のイギリス留学が必修。留学先は「イギリスの庭園」と呼ばれ、治安も良いケント州カンタベリー市。地元の国立ケント大学に隣接したチョーサー・カレッジで生活します。留学中は2週間のホームステイの他、ヨーロッパ各国からの留学生も多いケント大の学生や地元の方を招いたイベントも実施します。本学学生担当の英国人教師は、日本人学生の指導経験が豊かなベテランスタッフばかり。留学先のクラス分けは英語のレベル別なので、語学力に自信がなくても安心です。※総合経営学部の学生は希望者のみ。※看護学部は夏期に2週間。

学ぶ内容・カリキュラムが豊富

学部の大きな特色として、1年次から学校現場での研修・実習があります。学生は、近隣の小中学校において授業や部活の補助スタッフとして児童・生徒と接し、教育の現場で求められている指導力やコミュニケーション能力を肌で感じることができます。また附属の中学・高校では実際に教壇に立ち、早い時期から指導を行い、3年次にはプレ・教育実習を実施します。学生はこれらの研修・実習を通して指導力をつけ、児童・生徒とのコミュニケーション能力を養います。授業実習後は、定期的にアンケートを取り、自分の指導のどこが評価されどこが不足しているのかを分析し、次回の授業に活かしています。

寮などの学生サービスが豊富

キャンパスの内外には学生寮があり、地方からの学生を中心に多くの学生が起居しています。各個室には、エアコン、机、ワードローブ、ベッド、洗面台など日常使用するものはすべて完備されているほか、インターネットも接続可能な環境が整っています。24時間体制の警備、寮監・寮母の常駐など、セキュリティ面も万全を期しています。学部や学年の粋を超えた別の人間関係が生まれるのが寮のよいところです。全寮制の学校教師学部では地方出身者(1都3県以外)の割合は75%になります。※学外の寮からは授業時間に合わせてスクールバスが出ているので行き帰りも安心です(10分)。

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に