AI時代を勝ち残る進路選択

志望者登録3204

合格者の声139

絵画学科版画専攻

学科紹介

アートとデザインを横断する複製メディア表現として版画を学び、デジタル時代の新表現を探求

現代の情報化社会を支えるデジタル技術の発達を背景に、写真やCGも版画の一つとして捉えられ、複製技術時代を切り拓いてきた版画表現とデザインとの歴史的な関わりが見直されてきました。アートとデザインを横断しながら、デジタル時代における版画の多種多様な可能性の広がりを探求し続けています。木版画や銅版画、リトグラフ、シルクスクリーンといった伝統的な版画技法の研究に加え、写真、CG、デジタルプリンティングなど、これからの社会で求められている分野へ学びの領域の幅を広げ、卒業後は作家、デザイナー、ゲームクリエイター、キャラクターデザイナー、イラストレーターなど、独自の視点で新しい創造の地平を切り拓くことができる人材を数多く輩出しています。また、海外からの留学生も多く、国境を越えたネットワークが構築されていることも特徴です。

備考

総合型選抜

一般方式(実技試験+国語/英語)

共通テスト併用方式(実技試験+共通テスト試験)

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に