高い専門性を活かし次代を担うエンジニアやメディアコンテンツ・クリエイターをめざす

志望者登録406

合格者の声31

マンガ学科

学科紹介

日本のマンガ文化を創造する人材の育成

「マンガ」は、日本のメディア芸術の大きな幹をなす重要なビジュアル表現です。同時にコンテンツ産業の中心的存在であり、世界の人々に愛好されています。 「マンガ」は、「絵」「コマ」「言葉」を用いた独特の表現として、「キャラクター」と「物語」の双方の魅力で、人々に娯楽を提供してきました。 また、ビジュアル・コミュニケーションツールとして活用され、近年ではウェブ等のデジタルメディアにおいても新しい展開をみせています。
マンガ学科では、この「マンガの道」を目指す学生に、従来の枠にとらわれない自分自身の表現方法を追求し、自由で柔軟な発想力を身につけてもらうことを求めます。 そのために、物語的なマンガ表現を中心としつつ、キャラクターイラスト、カートゥーン(ひとコママンガ)、マンガ原作、雑誌・書籍編集や、新しい手法としてのデジタル表現、またマンガに対する研究・批評的アプローチといった、マンガを取り巻く高度で幅広い専門技術や知識を身につけるためのカリキュラムを用意しています。 これらによって、志が高く、斬新な価値観で新たな文化を創造できる人材を育成してゆくことを目指しています。

備考

定員:60名

入試方法:

初年度納入金:1,895,000円

学士

パンフレット・願書

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に