130年の伝統と実績のある国内最大級の総合大学

志望者登録31778

合格者の声3775

映画学科

学科紹介

デジタル技術の急速な進歩で門戸が広がる映像文化を探究し映画・映像界の専門家を目指す。

手軽に高画質な映像を撮影できるビデオカメラやスマートフォンの浸透で、映像表現の門戸はかつてないほど広がっています。

映画学科は、「芸術創造」と「情報伝達」の両面から進化し続ける映像文化を探求し、映画・映像界のスペシャリストを養成します。1年次から「映像表現・理論」「監督」「撮影・録音」「演技」の4コースに分かれて、専門知識・技術を身に付けます。「映像表現・理論」では、映像理論に深くアプローチし、研究者や批評家、シナリオライター、映像メディアの制作者、映画ビジネスに携わる者を目指します。「監督」では、映画演出や脚本、撮影や編集技術などを総合的に学び、幅広い知識をもった映像クリエーターを養成します。「撮影・録音」では、実践的なカリキュラムで、映画制作の根幹となる映像と音響技術を習得。「演技」では、映画俳優として必要な表現力や知識を身につけます。

備考

A個別方式

N全学統一方式

公募制

総合型選抜

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に