130年の伝統と実績のある国内最大級の総合大学

志望者登録25241

合格者の声1805

演劇学科

学科紹介

「理論と歴史」「表現方法と技術」の2分野を通じて総合芸術に不可欠な創造的表現力を磨く

演劇は,美術や音楽などさまざまな芸術が織りなす総合芸術として,人類とともに誕生したといえるほど長い歴史を持っています。演劇学科は,時代とともに多様化する演劇を理論と実践の両面から探究し,より創造的な表現力を養うことを目標としています。演劇を構成する諸要素を学ぶ「舞台構想コース」には、劇作、演出、音響、舞台監督、企画制作の5専攻があります。初年度はそれらを多角的に学び、2年次に所属専攻を決定します。演技の学びに特化した「演技コース」(演技専攻)、舞台の視覚デザインを学ぶ「舞台美術コース」には美術(装置)と照明の2つの専攻、「舞踊コース」には日舞、洋舞の2つの専攻があり、専門性と協調性を学びます。

備考

■定員 126名

■入試制度

指定校入試

公募入試

センター試験利用入試

期別募集入試

社会人入試

帰国生徒・留学生推薦

編入学制度

パンフレット・願書

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に