リベラルアーツとリーダーシップ教育で構築する「自由の学府」

志望者登録80687

合格者の声1783

メディア社会学科

学科紹介

未来をひらくメディアの光と影を知り、時代を分析・表現する力を培う。

・社会学の基礎的な理論と調査法を学ぶ。
1・2年次に「社会学原論」「社会調査法」などの基礎科目を学び、キャンパス外で取り組むフィールド・リサーチ科目も充実。社会に対するものの見方・考え方、調査方法など、社会学の基礎力を身に付けます。

・メディア社会を深く学ぶ、3つの領域。
学びの領域を「社会システムとテクノロジー」「生活世界の経験と歴史」「ジャーナリズムと公共性」の3つに分類。学科固有の対象分野であるメディア、コミュニケーション、ジャーナリズムに関する深い知識と思考、分析、表現について学びます。

・実社会で役立つ力を養う実習・実践科目。
実習・実践科目を通して、調査や取材を行う力、討論する力、文章で表現する力を身に付けます。さらに、メディア企業でのインターンシップなどの実践体験を通して応用力を鍛えます。

備考

定員:170人

初年度納入金:1,291,000円

社会学学士

パンフレット・願書

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に